最近のトラックバック

« 今日の好プレー | トップページ | 受験のシンデレラ »

2008年5月 9日 (金)

4ヶ月、3週と2日

ブログパーツの欄に貼り付けている映画について紹介したい。




舞台は1987年のルーマニア。大学生のガビツァは望まない妊娠をしてしまう。ところが、時のチャウチェスク独裁政権は人口増を目的に中絶を法律で禁止している。ガビツァは闇医者に頼んで密かに堕胎することを決意し、寮で一緒に暮らしているオティリア(ヒロイン、ブログパーツの写真の左側)に協力を求める。




と書くと、「その後はこういう場面が出てくるんだろうなあ」と皆さん予想されると思うが、物語は大方の予想を裏切って展開していく。




そして、「そこで終わりかいっ!!」と突っ込みたくなる、ある意味衝撃的なラストを迎えるのである。




そのせいだろうか、この映画をエンターテイメントと呼べるか否かで意見が分かれている。確かに、ハリウッド産の超大作に心酔している人から見れば、物足りなさしか残らないかもしれないが、私は違う。オティリアがあることを遂行するため敢然として奔走する場面に大いにはらはらさせられ、長い緊張の後には口直しのようなメジャー・コード(長調)のエンディング・テーマが流れる。監督のクリスティアン・ムンジウ(脚本も担当)は、シリアスな題材を扱ってもなお、観客へのサービスを忘れない作家だと思う。




大都市圏での上映は既に、又は間もなく終了し、今後は地方都市で順次公開される。




私は都内で観たのだが、前の回の上映後に出てきたおばさま2人組が「いるわねえ、ああいう子が」、「でも、ああいう子が生き残るのよね」と話しているのを聞いて、誰のことだろうと疑問を抱くも、観たら納得した。




未見の方は是非とも劇場に足を運んでいただき、疑問の答えを見つけてすっきりしていただきたい。





« 今日の好プレー | トップページ | 受験のシンデレラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4ヶ月、3週と2日:

» エンターテイメント | 情報商材・評価ランキング10-分野別- [情報商材・評価ランキング10-分野別-]
エンターテイメントの情報商材の評価が初心者でもすぐ分かるランキングです。 [続きを読む]

« 今日の好プレー | トップページ | 受験のシンデレラ »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ