最近のトラックバック

« 月刊100アニバーサリー | トップページ | ぼやきの部屋 »

2008年3月21日 (金)

Single Best / 柴咲コウ

タワーレコードのポイントを使い、柴咲コウの「Single Best」を買った。




DVD付きの初回限定盤(ジャケットは目を開けた写真)は高いので、迷わずCDのみ(目を閉じた写真)を選択。




「ひと恋めぐり」、「かたち あるもの」、「思い出だけではつらすぎる」を特に繰り返し聴いている。




「思い出・・・」は一度聴くだけでそうと分かる難曲だが、中島みゆきがそれでもこの曲を柴咲に提供したのは、彼女の歌唱力を見込んでのこと。前にも書いたが、是非全国ツアーを開催して生で聴かせてほしい。




収録された15曲のうち9曲は、柴咲が作詞(共作を含む)したものである。彼女は英単語を並べてかっこつけたり誤魔化したりせず、意味不明な表現も用いず、ちゃんとした日本語で美しい詞を書いている。そこに、阿久悠みたいにひとつまみの毒を加えられたら、世界がもっと広がるに違いない。




歌手として、作詞家として、さらなる進化を期待させる一枚だ。








« 月刊100アニバーサリー | トップページ | ぼやきの部屋 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Single Best / 柴咲コウ:

« 月刊100アニバーサリー | トップページ | ぼやきの部屋 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ