最近のトラックバック

« 子供かっ! | トップページ | ちりとてちん »

2008年3月27日 (木)

今日も暫定税率の話。

※前の記事に誤りがあったので訂正しています。




そして、今日はその続き。






私は暫定税率廃止には依然反対する。




民主党は「税収が減っても地方にしわ寄せがいかないようにする」と言うが、期限切れで一旦廃止が避けられない現時点で、地方自治体はもう混乱している。




国からの補助金収入が見込みより大幅に少なくなる不安から、一部の道路事業を開始できないでいるのだ。




この不安を取り除ける対案も出さずに廃止廃止とのたまう連中は、やはり無責任極まりない。




一方、暫定税率の一般財源化(道路に関係のない事業にも使えるようにすること)は賛成だ。




どう見ても無駄な道路まで造られたり、ほとんど誰も知らないような施設がぽこぽこ建ったりしたのは、入った金はせっかく道路関係で独占できるのだから使わなければもったいないという意識が国土交通省の役人らにあったためだと思う。




首相は会見で平成21年度から一般財源化すると述べたが、20年度から実施しても支障はあるまい。




また、首相は暫定税率を必要とする根拠として環境問題も挙げていた。同感である。




テレビ局の街頭インタビューでに「(ガソリン代が安くなったら)車をどんどん走らせる」と答えた人がいたが、そういう人はおそらくたくさんいる。




地球温暖化の心配は無いと主張する学者も、自動車交通量と大気汚染の因果関係は否定できないだろう。




« 子供かっ! | トップページ | ちりとてちん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日も暫定税率の話。:

« 子供かっ! | トップページ | ちりとてちん »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ