最近のトラックバック

« ラフマニノフの交響曲第2番 | トップページ | かくて申告す。 »

2008年3月 6日 (木)

奈緒子

「ロボコン」、「さよならみどりちゃん」と若者を生き生きと描いてきた古厩智之監督の最新作「奈緒子」。撮るたびにレベルを下げてしまう監督もいるけど、古厩監督は安定しているなあと唸らせる、爽やかな作品である。




「ロスタイムライフ」(フジテレビ)では「のだめ」を引きずっていた感のある上野樹里だが、今作は切り離して観られた。役を掴むのに時間がかかる半面、一旦掴んでしまうと人一倍高い実力を発揮するタイプの俳優なのだろう。




三浦春馬は「恋空」よりもこういうキャラクターが似合う。走る姿が画になっていた。




劇中「蛙の子は蛙」という台詞が出てくるが、それはまるで柄本時生のことを言っているようだ。後輩を妬み葛藤する先輩役を好演。
【追記】「蛙の子は蛙」は、しょせん凡人の親からは凡人の子しか生まれないというのが正しい意味でした。失礼しました。




少ない出番で人物像がすべて見えてくるような演技をしたライバル校のエース役、綾野剛も印象深い。




ちょっとベタな展開もあるけれど、それはそれでよし。観る価値あり。



« ラフマニノフの交響曲第2番 | トップページ | かくて申告す。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈緒子:

« ラフマニノフの交響曲第2番 | トップページ | かくて申告す。 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ