最近のトラックバック

« 私の嫌いな番組 | トップページ | 更新が途切れて考えたこと »

2008年1月 5日 (土)

のだめカンタービレinヨーロッパ 第一夜

「お前は“ねだめ”とかいうやつを見るのか?あの漫画みたいな」




そう尋ねる母に、“ねだめ”じゃねえよとはつっこまず、「だって原作が漫画だもん」とだけ答え、のだめカンタービレのスペシャルレッスン1を観た。




のだめがアパートの管理人のために弾いた「道化師の朝の歌」(組曲「鏡」より)や、千秋がコンクールで振った「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」など、好きな曲が多くて楽しかった。




また、片平のようにクラシック曲をジャンプしながら振る指揮者は見たことがないが、棒さばきが明快でしっかりしているから、実に小気味よかった。




ただ、主要キャラクターが散り散りになり、一堂に会して演奏するシーンがなかったため、物足りなさを感じた人もいるかもしれない。




今日の第二夜は、職人気質のオーボエ奏者・黒木が絡んでくるようだし、「道化師の朝の歌」ももう少し長く聴けそうなので、私は大いに期待している。




なお、「道化師・・・」はオーケストラ版もあり、ベルリン・フィルなどが録音している。とても華やかなアレンジなので、興味がわいた方は是非聴いていただきたい。



« 私の嫌いな番組 | トップページ | 更新が途切れて考えたこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレinヨーロッパ 第一夜:

» のだめカンタービレvol.39 新春SP in ヨーロッパ・第一夜 [美味−BIMI−]
この”のだめカンタービレ”の記事も、もうvol.39!! 待ちに待った新春スペシャルは“ヨーロッパ編”です。。 このドラマは外国の友人達にも大人気でよく話に出てきます^^ (アニメの反応はイマイチだったけど@@;) このSPもかなり良かったから、メール来るかな??? さて今回は、慣れ親しんだ桃ヶ丘音楽大学、そして仲間たちと離れ、 活躍の場をヨーロッパに移したのだめ(上野樹里)と 千秋(玉木宏)のその後の成長が描かれていました。 第一夜で... [続きを読む]

« 私の嫌いな番組 | トップページ | 更新が途切れて考えたこと »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ