最近のトラックバック

« 彼も人の子 | トップページ | よみがえる伊丹十三の世界 »

2007年12月24日 (月)

M-1グランプリ

昨夜のM-1グランプリはなかなか笑えず一時はどうなることかと思ったが、最終決戦に進んだ3組の頑張りで盛り上がった。
(3強と4位以下の差が開き過ぎていた。十分な実力を備えていながら、ネタの選択を誤って自滅した組が複数あったように思う。)




サンドウィッチマンはボキャブラリーの豊かさを感じさせ、羨望すら抱いた。予想どおり優勝したけれども、こんなに面白い漫才をするコンビを私は一昨日まで知らなかった。今は世間の認知度も高くはないと思うが、正月の生放送の演芸番組あたりからテレビ出演が多くなるだろう。節約のために同居しているという2人が別々に暮らせる日はそう遠くなさそうだ。




準優勝はトータルテンボスだったが、私の評価はキングコングがサンドウィッチマンと僅差で2位だった。




テレビのお笑い番組の大多数が出演者任せの本番一発勝負の作り方をしていて、芸人なのに芸を見せていないという憂慮すべき現状にあって、原点を見失うまいと3年ぶりにM-1に挑戦したキングコングの姿勢は立派である。




サンドウィッチマンを頭脳派と位置付けるなら、キングコングは肉体派で、舞台を広く使い終始パワフルな漫才を見せたが、少し音量を下げ、緩急の緩を少し間に挟むようにしたら、長所がもっと光ると思う。




第4位のハリセンボンは、ツッコミに余分な台詞が多く、空回りしてテンポが悪くなっていた。今は与えられた仕事をこなすだけで精一杯だと察するが、芸を磨く時間を増やしていかないと、そのうち飽きられてしまうだろう。




以上、ド素人の分際で偉そうなことを書いてみた。



« 彼も人の子 | トップページ | よみがえる伊丹十三の世界 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M-1グランプリ:

» M-1グランプリ2007決勝結果 簡単まとめ [お笑い情報]
サンド。良いじゃないですか~。最終決戦に残ったのは [続きを読む]

« 彼も人の子 | トップページ | よみがえる伊丹十三の世界 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ