最近のトラックバック

« マリと子犬の物語 | トップページ | 紅白歌合戦曲目決定 »

2007年12月20日 (木)

アンジェラ・アキ

先日、アンジェラ・アキのコンサートに出かけた。




彼女の歌を生で聴くのは3度目だが、単独でのステージは今回が初めてだった。約2時間半、彼女の世界に浸った。




しかも、ホールで聴くのも初めて。過去2回は体育館と野外だった。大会場ならではの楽しみ方もあるが、程よい緊張を感じながら集中して聴くには、舞台との距離が近く、静けさが保たれたホールが最適である。




人生で無駄なことは無いと語る彼女は、それを自ら証明してみせた。全身のエネルギーを注ぎ込み、聴衆の一人一人と向き合うような、スケールの大きな歌唱は、おそらくいじめや離婚などの辛苦さえも糧にしてきたからこそ成し得たものであろう。




また、彼女はトークの達人でもある。イントロをピアノで弾く手を止めてまで喋りだす彼女は、売れっ子と言われている某女芸人(ピンではない)よりもずっと面白い。紅白歌合戦、ゆく年くる年の後にNHK総合で放送されるさだまさしの特番に彼女がゲストで出れば、楽しい気分で2008年のスタートを切られるはずだ。




さて、紅白歌合戦といえば、そこで歌われた曲のCDの売り上げが年明けに伸びる現象が見られる。「千の風になって」の今年の躍進ぶりは今更説明するまでもないが、他にもオリコンチャートの上位に再浮上した曲がいくつかあった中に、アンジェラ・アキの「HOME」は入っていなかった。それがずっと不思議でならなかったのだが、彼女の話を聞いて、原因が分かった。




昨年の紅白歌合戦。彼女はDJ OZMAの歌が聞こえてくる舞台袖で自分の出番を待っていたという。




そう、彼女の登場は、あの問題のパフォーマンスの次だったのだ。あのパフォーマンスで不愉快になった視聴者がチャンネルを変えたり、NHKに電話をかけたりしている間に彼女の出番が終わってしまったのではないか?




そう考えると、反響が予想より小さかったのも納得がいく。罪な奴だよ、あの男は。
(誤解の無いよう明記しておくが、アンジェラ・アキはDJ OZMAを一切批判していない。あくまで私の見解である。)




話をコンサートに戻そう。




ボーカル兼ピアノのアンジェラをサポートする3人のミュージシャンのうち、2人が懐かしい人だった。




西川進と村石雅行は、かつて椎名林檎のライブやレコーディングに参加していた。相変わらず痩身の西川のギターは時に狂気を漂わせ、村石のドラムは相変わらずキレのある気持ちのいい音だった。




そんな今回のツアー「TODAY」は1月末まで続く。



« マリと子犬の物語 | トップページ | 紅白歌合戦曲目決定 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・アキ:

« マリと子犬の物語 | トップページ | 紅白歌合戦曲目決定 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ