最近のトラックバック

« たとえ影響が無いとしても | トップページ | 寝屋川事件の続報に思うこと »

2007年10月 6日 (土)

正が悪に負ける不条理

大阪府寝屋川市のセブンイレブンのアルバイト店員が万引き犯を追跡し、もみ合いとなり、刺殺された。



かつて、東京駅構内でも同様の事件があったことを思い出す。



東京駅の事件の被害者は警察官のご子息だったと記憶している(違っていたらごめんなさい)。今回の事件の被害者も正義感の強い人と報じられている。



至極正しいことをした結果が死だなんて、やり切れない。



左胸を一突きというのが、殺意を込めた犯行か、もみ合ったせいでそうなってしまったのかはまだ判らないが、いずれにせよ、身勝手極まりない凶行であることに変わりは無い。犯人のうちの1人が出頭したが、残りの犯人も一刻も早く捜し出し、厳しく罰してもらいたい。



また、コンビニの防犯体制や犯罪への対応について、見直しや強化をすべきであろう。



« たとえ影響が無いとしても | トップページ | 寝屋川事件の続報に思うこと »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正が悪に負ける不条理:

» 万引き犯 コンビニ店員刺殺 [王様の耳はロバの耳]
出頭した若い男を事情聴取 大阪のコンビニ店員刺殺(共同通信) - goo ニュース 昨日夕刻TVニュースを見ていると、何とも粗暴なそして被害者にはお気の毒な殺人事件が起きました。 6日未明寝屋川のコンビニが二人組の万引きに商品を取られたのですが、夜番のアルバイト店員が後を追いかけてもみ合いになった所、犯人の一人に左胸を刺され死亡しました。 {/kaeru_shock1/} 犯人の一人(19歳)は昼前警察に自首、彼の話から15歳の少年も逮捕されたようです。犯行時に車が待っていてそれで逃げたとも報道さ... [続きを読む]

« たとえ影響が無いとしても | トップページ | 寝屋川事件の続報に思うこと »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ