最近のトラックバック

« 洒落た演出 | トップページ | 実録・山おんなとの遭遇 »

2007年9月14日 (金)

それならそうとはっきり言えばいいのに。

安倍首相は入院した。体調が悪かったのなら、官房長官に言わせず、自分ではっきり言えばよかったのだ。そうすれば、その時点で納得する人は多かったはずだ。



しかし、去った人(正式にはまだ首相である)をいつまでも構っているわけにもいかず、後任選びの話でかまびすしい。



小泉前首相を担ぎ出そうとしたチルドレンの皆さんはちょっと、いや、かなり痛い。前首相も体調は厳しかったらしいし、格差社会の元凶は小泉改革だという指摘もあるのに、「夢よもう一度」で再び存在感を示したいのは解らなくもないが、あまりに稚拙な発想である。



次の政権が場つなぎの「選挙管理内閣」となるか、支持率を上げて衆院解散を回避し、ねじれ状態が続くのか。私は、ひょっとしたら、この衆参ねじれ状態のほうがバランスを保つことができていいんじゃないかと思えてくるのだが、もうちょっと考えてみよう。



« 洒落た演出 | トップページ | 実録・山おんなとの遭遇 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それならそうとはっきり言えばいいのに。:

« 洒落た演出 | トップページ | 実録・山おんなとの遭遇 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ