最近のトラックバック

« 私がチェックしているテレビドラマ | トップページ | まさかの事故 »

2007年5月 4日 (金)

高校硬式野球部の特待生制度問題について

日本学生野球憲章第13条に反するということで、高等学校硬式野球部の特待生制度が問題になっている。

その憲章の規定が時代・実情にそぐわないので改正すべきだという意見があるが、ルールの改正は、ルールを守った上で、これ以上守り続けることはきついから変えましょうよというのが筋である。(ルール自体が人命や人権を脅かすもの・・・例えば、昔のらい予防法や治安維持法など・・・であれば、話は別だが。)
違反がこんなに多かったんだからルール自体を変えましょうという理屈が通るのなら、「酒気帯び運転する人が多いから、道交法でこれを認めましょう」、「泥棒が多いから、刑法の窃盗の条文を消しましょう」という理屈も通ってしまう。

特待生制度は周知の事実であったのだから、もっと早くに規定を紹介して注意をしなかった高野連もどうかと思うが、ルールはルール。違反校に対して憲章に定められた処置をした上で、改正すべきと考える。

« 私がチェックしているテレビドラマ | トップページ | まさかの事故 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校硬式野球部の特待生制度問題について:

« 私がチェックしているテレビドラマ | トップページ | まさかの事故 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ