最近のトラックバック

« 筋肉痛は翌日に | トップページ | 補足します。 »

2007年5月16日 (水)

法改正と徹底追及を求む。

ペッパーランチ大阪心斎橋店の店長と店員が、女性客を拉致、強姦し、金を奪った事件。

被害者はもう一人では外出できなくなるかもしれない。どこかのブログで書かれていたように、容疑者は極刑に処すべきだと私も思うが、法律上、懲役20年が限界だ。強姦は殺人に等しいと言っても過言ではあるまい。刑法の改正が必要ではないのか。

また、別のブログでは、この手の容疑者には大抵余罪があるはずだと書かれている。その点の追及は勿論だが、ペッパーランチが事件について早期に把握していながら、決算発表を終えるまで伏せていたのではないか?との疑惑の真相も是非とも解明してもらいたい。

ところで、容疑者を採用したペッパーランチの責任を問う意見が出ているが、採用試験の段階で「この応募者は客に危害を加えそうだ」と判断せよと求めるのはまず無理だし、採用後の勤務状態を常時チェックすることも、店内にカメラを設置して本部等で監視でもしない限り難しい。

ただ、前述のように、意図的に事件の公表を遅らせたのであれば、客よりも自分たちの体面を優先した企業幹部には十分にお灸をすえてやらなければならない。真面目に働く他の店舗の皆さんには気の毒だが、ペッパーランチを利用しないなど、経営に大きなダメージを与えるくらいでないと、体質は変わらないだろう。

最後に、被害者の女性の心の傷が、わずかでも癒えますように。


« 筋肉痛は翌日に | トップページ | 補足します。 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法改正と徹底追及を求む。:

« 筋肉痛は翌日に | トップページ | 補足します。 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ