最近のトラックバック

« あれから12年 | トップページ | 恐るべしあるある教 »

2007年1月18日 (木)

ぐるぐるまわる。

吉澤ひとみの弟、風見しんごの長女と、芸能人の身内の交通事故死が相次いだ。どちらも加害者側の責任が大きいものだった。遺族の胸の痛みを想像するが、実際はそれを遥かに超えているのであろう。

「人は生まれて来る時にはもう、寿命が決められている」と言う者がいるが、本当にそうなのか?震災にしてもそうだけど、事件や事故で突然に殺されてしまう人生が既定されているというのか?不幸なニュースに接するたびに考えるのだけれど、未だに答えが出やしない。

私は自動車の前輪に足の甲を踏まれたことがある。幸い、車は国道に出るために一時停止するところだったので、怪我はしなかった。何故私は助かったのか、それも分からない。

頭の中で考えがぐるぐるまわり、全然整理できていないのだけれど、以前から運命論に納得がいかなくて、書かずにはいられなかった。

(文中敬称略)

« あれから12年 | トップページ | 恐るべしあるある教 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐるぐるまわる。:

« あれから12年 | トップページ | 恐るべしあるある教 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ