最近のトラックバック

« 犬神家の一族 | トップページ | 初めての駆け引き »

2007年1月30日 (火)

スウィーニー・トッド

宮本亜門振付・演出のミュージカル。タイトルロールを務めるのは市村正親。他に、大竹しのぶ、キムラ緑子、武田真治、ソニン、城田優、斉藤暁、立川三貴らが出演。

床屋で殺した人間の肉を使ってパイを焼くという猟奇的な話なのに、ところどころ笑いが起きるのは、演出の狙い通りなのか、観客が残虐なのか。そんなことを考えつつ観ていた。

傷つけられた者の脳裏に復讐の二文字が浮かぶ限り、この作品から普遍性が取り払われることはないだろう。観る価値は十分にある。とりわけ、2007年を生きる私たちにとって。

今後、名古屋、大阪などでも上演されるが、残席が結構あるようだ。金と時間の都合をつけられる方は是非、足を運んでいただきたい。

(文中敬称略)

« 犬神家の一族 | トップページ | 初めての駆け引き »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド:

« 犬神家の一族 | トップページ | 初めての駆け引き »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ